MATRIX REVOLUTIONS IN TOKYO

最近知ったのですが、マトリックス・レボリューションズのファンの集まり(オフ会)のようです。みなさん、同じような格好、サングラスにクロっぽいスーツに、いやすごい集まりですね。参加しているみなさんのパワーってスゴイと思います。

マトリックス・レボリューションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『マトリックス・レボリューションズ』(The Matrix Revolutions)はマトリックス3部作の完結編。前作のように哲学とアクションの組み合わせたこの映画は、前作(マトリックス・リローデッド)で提起された疑問を結論づけようとしている。脚本、監督はウォシャウスキー兄弟。グレゴリオ暦では2003年11月5日、ヒジュラ暦では第9月11日マッカ日没時刻に世界60ヶ国で同時刻同時上映された。 インドではこれが他の国々と同時に公開された初めてのハリウッド映画だった[1]。また、同時にこの映画は、オムニマックスで公開された最初の実写映画だった。ウォシャウスキー兄弟は映画の公開時、キアヌ・リーブスとジェイダ・ピンケット=スミスと共に東京のオープニングイベントに出席していた。 なお、前二作で預言者オラクル役を演じたグロリア・フォスターが糖尿病による合併症で亡くなったため、この役はメアリー・アリスが引き継いだ。このため矛盾がないように、一部脚本が変更された。

あやしいわーるどにおいて「おまえもな」が乱発されて飽きられかけていた頃に「貴殿がな」「おまえもがな」など数十種の変形が発生し、1998年8月29日に最初の「オマエモナ」が誕生。継いで1999年1月1日にヤクバハイルの日記サイトでの「ご自由にモナーをお使いください」での書き込みにより「オマエモナー」が生まれた。

マトリックス (映画)

『マトリックス』 (THE MATRIX) は、1999年のアメリカ映画。もしくは、それ以降のシリ−ズの総称でもあり、この映画を題材にしたアメリカンコミックのこと。1999年9月11日日本公開。

CGを多用した斬新な映像で映画界に革命を起こしつつ、同時にメタファーや暗示に満ちたストーリーで信仰と哲学という奥深いテーマの表現も両立させた作品であり、1999年のアカデミー賞では視覚効果賞、編集賞、音響賞、音響編集賞を受賞。ワイヤーアクションやバレットタイムなどのVFXも、話題となった。 作品はウィリアム・ギブスンから日本のアニメまで様々なものに影響を受けた上で、特にジャン・ボードリヤールの哲学を基調としたとウォシャウスキー兄弟は語っている。実際、後述する「MATRIX」という単語自体が、ボードリヤールの著書『シミュラークルとシミュレーション』の中に掲げられており、これが出所となったという見方もある。作中では、ハードカバーのボードリヤールの本が映るシーンも見られる。2作目からボードリヤール本人をアドバイザーに迎える計画があったが、断られたという。 ウォシャウスキー兄弟曰く、脚本の大部分はレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの『Wake Up』を聴きながら書き上げたとのこと。映画でもエンディング・テーマに起用されており、そのバンド名やその活動自体が正にマトリックスの世界そのものとされている。

マトリックス・リローデッド

マトリックス・リローデッド』(The Matrix Reloaded) は、2003年のアメリカ映画。 1999年に公開されたSF映画『マトリックス』の続編(第2作)であり、完結編の『マトリックス・レボリューションズ』に続く。 ジー役は当初アリーヤを配役して撮影を進めていたが、完成前に彼女が事故死したために、この役はノーナ・M・ゲイが代わって制作された。 監督・脚本はウォシャウスキー兄弟。ワーナー・ブラザーズ配給。 2003年5月15日、北米で公開された。その約半月後に世界中でも公開された。日本公開は6月7日。 『マトリックス・リローデッド』は全米で2億8100万ドル、全世界で7億3500万ドルの興行収入を記録する大ヒットを起こした。

本作は映画撮影技術、視覚効果の予算は第一作を上回っており、何人かのファンは第三作のアクション、ストーリー、哲学的な要素はさらにこれを上回るだろうとの見解を示した。 リローデッドは、アメリカで公開初日に4250万ドルの興行収入を記録し、2002年5月にスパイダーマンが記録した3940万ドルを越え、全米の公開初日の興行収入の新記録を樹立した。 前編のマトリックスの登場人物のほとんどは、リローデッドにも続けて出演している。また、リローデッドにはメロビンジアンなどの多くの新しい登場人物が出演している。また、第一作で紹介されたザイオンがリローデッドでついに登場する。 この映画は、戦闘シーンが多いためと、ユダヤ、キリスト、イスラムの3つの一神教に関連した人類の起源の話題が多いためにエジプトで上映禁止になった。エジプトのメディアは、リローデッドはシオン(エルサレム)をモデルにしたザイオンが登場し、それが悪に破壊されるため、シオニズムを助長する映画だとクレームをつけた。

アニマトリックス

『アニマトリックス』(THE ANIMATRIX)とは映画『マトリックス』をモチーフに、2003年に製作された9つの短編からなるオムニバスアニメーションである。

人類がマトリックスに支配されるまでの過程を描いた作品などが含まれ、マトリックスの世界観をより深く知ることができる。『ENTER THE MATRIX』と同様に、補完的な役割を持った作品群。 部分的にウォシャウスキー兄弟がプロットを書いた。各短編は別々のアニメーション作家によって監督された。日本のアニメ作家が多数参加しているが、これはウォシャウスキー兄弟が『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』などの日本のアニメに多大な影響を受けた事へのリスペクトであると特典で本人が語っている。 現在、公式ページでセカンド・ルネッサンス パート1、パート2、プログラム、ディテクティブ・ストーリーを無料で閲覧できる(DVD版では、特典の1つとして各作品の解説を交えたパートがある)。

お金借りるカードローン アコム、プロミス、アイフル、モビットなどお馴染み消費者金融キャッシングから、メガバンクのカードローンまで。

シミュレーテッドリアリティ

シミュレーテッドリアリティ(英: Simulated reality)とは、現実性(reality)をシミュレートできるとする考え方であり、一般にコンピュータを使ったシミュレーションによって真の現実と区別がつかないレベルでシミュレートすることを指す。シミュレーション内部で生活する意識は、それがシミュレーションであることを知っている場合もあるし、知らない場合もある。最も過激な考え方では、我々自身も実際にシミュレーションの中で生きていると主張する(シミュレーション仮説)。 これは、現在の技術で実現可能なバーチャルリアリティとは異なる概念である。バーチャルリアリティは容易に真の現実と区別でき、参加者はそれを現実と混同することはない。シミュレーテッドリアリティは、それを実現する方式はどうであれ、真の現実と区別できないという点が重要である。